気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【ロシアW杯アジア最終予選】グループB暫定順位!2戦消化時点!

   

現在、男子サッカーの2018年ロシアワールドカップ出場権をかけた「ロシアワールドカップアジア最終予選」が行われています。

日本代表は初戦UAEに敗れるも、2戦目でタイに勝利して勝ち点3を獲得。
他の試合はどうなったのでしょうか?

という事で今回は、

「他の試合結果」

「2試合消化時点での暫定順位」

をまとめてみました。

他の試合とはUAE対オーストラリアと、イラク対サウジアラビアの試合結果です。

Ads by Google

グループ分け&突破条件

まずはこのロシアワールドカップアジア最終予選の、日本代表が属するグループBのライバル国たちの確認と、突破条件のおさらい!

グループB

オーストラリア
日本
サウジアラビア
タイ
アラブ首長国連邦(UAE)
イラク

突破条件

2位以内に入れば無条件でワールドカップ出場

3位はアジアプレーオフ&大陸間プレーオフへ回る

4位以下は敗退確定

各チーム1戦の結果

まずは各チーム、このアジア最終予選初戦の試合結果を確認してみましょう。

日本1-2UAE

オーストラリア2-0イラク

サウジアラビア1-0タイ

このような結果となり、1試合消化時点の順位は・・・

1位 オーストラリア
2位 UAE
3位 サウジアラビア
4位 日本
5位 タイ
6位 イラク

日本は1試合消化時点ではありますが、デッドラインからのスタートとなりました。

果たして2試合消化時点でどのような順位変動があったのでしょうか。

第2戦の試合結果

それではロシアワールドカップアジア最終予選第2戦の、
グループB全試合結果をまとめました。

タイ VS 日本

試合結果
タイ0-2日本

試合会場
ラジャマンガラ スタジアム。

得点者
18分 原口元気(日本)
75分 浅野拓磨(日本)

戦評
日本が敵地での試合の主導権を握り、18分に原口のヘディングシュートで先制。
その後、なかなか追加点を奪えない時間が続きましたが、75分に浅野がスピードを活かしゴールで追加点。
シュート23本で2得点は決定力の無さが伺えますが、タイをシュートわずか3本に抑え完封した守備力は素晴らしかったです。

イラク VS サウジアラビア

試合結果
イラク1-2サウジアラビア

試合会場
シャー・アラム・スタジアム

得点者
18分 モハナッド・アブドゥルラヒーム(イラク)
80分 ナッワーフ・アル・アビード(サウジアラビア)
86分 アル・アビード(サウジアラビア)

戦評
終盤にPK2本での逆転劇でした。
イラクが主導権を握り、イラクが前半に先制して、後半途中までイラクのペースだったにも関わらず、試合残り10分で大きく試合が動きました。
80分、86分に連続でPKを獲得したサウジアラビアの逆転勝利。
サウジアラビアはこのアジア最終予選で決めた3ゴールが、全てPKでの得点。
なんか怪しい・・・と思ってしまいますね。

UAE VS オーストラリア

試合結果
UAE0-1オーストラリア

試合会場
アル・ジャジーラ・ムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアム

得点者
75分 ティム・ケーヒル(オーストラリア)

戦評
スコアレスのまま試合は終盤まで進みます。
しかし、後半26分から出場したティム・ケーヒルが、後半30分にクロスに合わせて先制ゴールを挙げて、その1点をオーストラリアが最後まで守り切り2連勝。
ケーヒルももう36歳の大ベテランなのに凄いですね・・・
日本も注意が必要です。

グループB暫定順位(2試合消化時点)

それでは各チーム2試合を終えた時点での、グループBの暫定順位を確認してみましょう。

順位 チーム名 勝ち点 得点 失点 得失点差
1位 オーストラリア +3
2位 サウジアラビア +2
3位 日本 +1
4位 UAE
5位 イラク -3
6位 タイ -3

このような結果となりました!
1位はやはりこの組の最大のライバルであるオーストラリアですか。
なんと日本を破ったUAE相手に敵地で勝利。
2連勝と流石の強さです。

2位のサウジアラビアも2連勝。
イラク、タイといったグループ内でも弱いチームとの試合が続きましたので、そこまで気にする必要はないかな?と思います。
しかし、3得点全てがPKでの得点なので、サウジアラビアと試合をする時は、審判の中東の笛に注意した方がいいかもしれませんね。

日本が3位となりました。
やはりUAE戦を落として黒星スタートだったのが凄く痛いです。
このまま3位で終わってしまうとアジアプレーオフへ回らなければならないので、なんとか2位に上がりたいですね。
引きずり落とす標的はサウジアラビアでしょうか。

ただ、日本と勝ち点が同じ4位のUAEも警戒ですね。
日本はここに負けていますし、恐らく上位争いに加わってくるでしょう。

今後の展望・予想としては、オーストラリアは頭1つ抜けていきそうな感じがしますね。
残り1枠を、日本、サウジアラビア、UAEで争う形になると思います。

まあ、日本もオーストラリアとの直接対決で勝てば、1位突破も見えてくるので、頑張って欲しいですね!

まとめ

ロシアワールドカップアジア最終予選第2戦は、

タイ0-2日本
イラク1-2サウジアラビア
UAE0-1オーストラリア

という結果になり、
2試合消化時点での暫定順位は、

1位 オーストラリア
2位 サウジアラビア
3位 日本
4位 UAE
5位 イラク
6位 タイ

となっています。

日本代表は見事に今大会初勝利して3位に浮上しましたね。
この先も気を引き締めて頑張って欲しいです。

今後のスケジュールとしては1か月ほど感覚を空けて、

2016年10月6日(木)
日本対イラク

2016年10月11日(火)
オーストラリア対日本

と続きます。

 - スポーツ ,