気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【ウインターカップ2018】男女出場高校一覧!優勝候補と注目選手は?

   

いよいよ、2018年12月23日(日)~29日(土)にかけて高校バスケ最高峰の大会となる・・・

”ウインターカップ2018
(第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会)”

が武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されます!

インターハイ、国体とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであるこの大会は、高校最後の王座を争う大会であり高校バスケットボール界の最高峰の大会として位置付けられており、男女ともに行われるもの。

どの高校が出場するのか?どの高校が強いのか?など気になることも多いはず!

そこで今回はウインターカップ2018の・・・

「大会概要」

「男子出場校一覧」

「女子出場校一覧」

「優勝候補」

「注目選手」

などをまとめてみました!

▼こちらもチェック!

Ads by Google

大会概要

まずは、大会概要から確認してみましょう。

大会名称
SoftBank ウインターカップ2018
平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会

主催
公益財団法人日本バスケットボール協会
公益財団法人全国高等学校体育連盟
朝日新聞社
日刊スポーツ新聞社

後援
スポーツ庁

主管
公益財団法人日本バスケットボール協会
公益財団法人全国高等学校体育連盟バスケットボール専門部
一般社団法人東京都バスケットボール協会
東京都高等学校体育連盟バスケットボール専門部(男女)

特別協賛
ソフトバンク株式会社

協賛
株式会社ナイキジャパン
株式会社モルテン
株式会社 明治
三井不動産株式会社

開催期間
2018年12月23日(日)~12月29日(土) 7日間

会場
武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都)

競技方法
男女各50チーム参加によるトーナメント優勝戦とする。

注意
1971年から2016年までの46年間にわたり行われた「選抜優勝大会(旧ウインターカップ)」が廃止され、2017年から「選手権大会」に吸収されて「新ウインターカップ」となりました。

男女出場校一覧

それでは、男子・女子の出場校一覧を確認してみましょう!

※男女各50チーム、計100チーム
※各都道府県の代表となる男女各1チーム。
※インターハイ優勝および準優勝の男女各2チーム。
※開催地は、上記の他に男女各1チームを推薦。

<男子>

北海道: 東海大学付属札幌高等学校
青森県: 県立弘前実業高等学校
岩手県: 県立一関工業高等学校
宮城県: 明成高等学校
秋田県: 県立能代工業高等学校
山形県: 羽黒高等学校
福島県: 県立福島南高等学校
茨城県: 県立取手第二高等学校
栃木県: 文星芸術大学附属高等学校
群馬県: 前橋育英高等学校
埼玉県: 正智深谷高等学校
千葉県: 日本体育大学柏高等学校
東京都: 実践学園高等学校
神奈川県: 桐光学園高等学校
山梨県: 県立市川高等学校
長野県: 東海大学付属諏訪高等学校
新潟県: 帝京長岡高等学校
富山県: 高岡第一高等学校
石川県: 金沢学院高等学校
福井県: 北陸高等学校
岐阜県: 美濃加茂高等学校
静岡県: 飛龍高等学校
愛知県: 桜丘高等学校
三重県: 県立四日市工業高等学校
滋賀県: 県立草津東高等学校
京都府: 東山高等学校
大阪府: 近畿大学附属高等学校
兵庫県: 報徳学園高等学校
奈良県: 天理高等学校
和歌山県: 県立和歌山工業高等学校
鳥取県: 倉吉北高等学校
島根県: 出雲北陵高等学校
岡山県: 岡山商科大学附属高等学校
広島県: 県立広島皆実高等学校
山口県: 県立豊浦高等学校
徳島県: 県立海部高等学校
香川県: 尽誠学園高等学校
愛媛県: 新田高等学校
高知県: 高知中央高等学校
福岡県: 福岡第一高等学校
佐賀県: 県立佐賀東高等学校
長崎県: 県立長崎西高等学校
熊本県: 九州学院高等学校
大分県: 別府溝部学園高等学校
宮崎県: 延岡学園高等学校
鹿児島県: 県立川内高等学校
沖縄県: 県立豊見城高等学校
開催地: 八王子学園八王子高等学校
インターハイ1位: 開志国際高等学校
インターハイ2位: 中部大学第一高等学校

<女子>

北海道: 道立札幌東商業高等学校
青森県: 柴田女子高等学校
岩手県: 一関学院高等学校
宮城県: 聖和学園高等学校
秋田県: 県立湯沢翔北高等学校
山形県: 山形市立商業高等学校
福島県: 県立郡山商業高等学校
茨城県: 土浦日本大学高等学校
栃木県: 宇都宮文星女子高等学校
群馬県: 前橋市立前橋高等学校
埼玉県: 昌平高等学校
千葉県: 昭和学院高等学校
東京都: 八雲学園高等学校
神奈川県: アレセイア湘南高等学校
山梨県: 県立韮崎高等学校
長野県: 東海大学付属諏訪高等学校
新潟県: 開志国際高等学校
富山県: 高岡第一高等学校
石川県: 県立津幡高等学校
福井県: 県立足羽高等学校
岐阜県: 県立岐阜商業高等学校
静岡県: 浜松開誠館高等学校
愛知県: 安城学園高等学校
三重県: 県立四日市商業高等学校
滋賀県: 近江兄弟社高等学校
京都府: 京都精華学園高等学校
大阪府: 大阪薫英女学院高等学校
兵庫県: 尼崎市立尼崎高等学校
奈良県: 奈良文化高等学校
和歌山県: 和歌山信愛高等学校
鳥取県: 鳥取城北高等学校
島根県: 県立松江商業高等学校
岡山県: 就実高等学校
広島県: 県立広島観音高等学校
山口県: 県立徳山商工高等学校
徳島県: 県立富岡東高等学校
香川県: 英明高等学校
愛媛県: 聖カタリナ学園高等学校
高知県: 高知中央高等学校
福岡県: 精華女子高等学校
佐賀県: 県立佐賀北高等学校
長崎県: 長崎女子高等学校
熊本県: 熊本国府高等学校
大分県: 県立中津北高等学校
宮崎県: 県立小林高等学校
鹿児島県: 鹿児島純心女子高等学校
沖縄県: 県立西原高等学校
開催地: 明星学園高等学校
インターハイ1位: 桜花学園高等学校
インターハイ2位: 岐阜女子高等学校

優勝候補は?

さて、ここで気になる「優勝候補の高校」をいくつかご紹介!

<男子>

▼開志国際(新潟県)
今年のインターハイ優勝校。
創部5年目での快挙。

リバウンドやディフェンスを徹底しており、速攻も強み。

ちなみにチームを率いる富樫英樹コーチは、富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)の父です。

▼中部大学第一(愛知県)
今年のインターハイ準優勝校。

東海地区屈指の強豪で、高さとスピードを生かした攻撃が強み。

非常に高さのある留学生に注目です。

▼明成(宮城県)
連覇を狙う去年のウインターカップ王者!
今年のインターハイもベスト4入りしており、かなり強いです。

ウインターカップは、過去5度の優勝を誇る名門。
なんと2013年から2015年まで大会3連覇。

▼帝京長岡(新潟県)
去年は3位だった強豪。

地方予選決勝でインターハイ王者である開志国際に接戦の末、勝利しているので強い!

▼福岡第一(福岡県)
去年は4位、一昨年は優勝の強豪。

強豪・福岡大学附属大濠を地方予選決勝で撃破しており、オフェンス&ディフェンスともにレベルが高いです。

インターハイでは、主力選手が日本代表で不在だった影響で1回戦敗退。
今大会ではその日本代表クラスがいるのでかなり強いかと。

▼東海大諏訪(長野県)
今年のインターハイベスト4のチーム!

2年生ガードの黒川虎徹くんに注目です。

<女子>

▼桜花学園(愛知県)
今年のインターハイ優勝校。

2016年のウインターカップ優勝校で、過去何度も優勝している高校女子バスケ界の絶対女王ですね。
なんとウインターカップは過去21度の優勝を誇ります。

ディフェンス力が高く、かなり強いですし、優勝候補の筆頭でしょう!

▼岐阜女子(岐阜県)
今年のインターハイ準優勝校。
女王・桜花学園の対抗馬となりうる存在。

ウインターカップでは、2015年に優勝、2016年は準優勝!

ディフェンスも堅く、高さやスピードもあるチームです。

▼県立四日市商業(三重県)
今年のインターハイベスト4チーム。

留学生はおらず高さはありませんが、走るバスケと高いシュート力が武器です。

注目選手は?

注目選手も何人かご紹介!

※記載している情報は2017年のもの。2018年版はまた更新します。

<男子>

▼祝俊成(帝京長岡)
身長170センチと小柄なポイントガード。

抜群のボールハンドリング技術と的確なパス能力を持ち、スキあらばスピードを生かしてゴール下に切りこむ、変幻自在の司令塔。

▼中田嵩基(福岡大学附属大濠)
高校生年代として唯一U19日本代表に選出され、「FIBA U19バスケットボールワールドカップ2017」に出場した逸材。

高校バスケ界屈指のポイントガード。

▼八村阿蓮(明成)
身長194センチのエースセンター。

高い身体能力を持ち、得点能力とリバウンド能力の高さは必見。

兄はウインターカップ3連覇を達成し、NBA入りを嘱望される八村塁(ゴンザガ大学2年)。

▼松崎裕樹(福岡第一)
去年は1年生ながら、主力としてウインターカップ優勝に貢献した逸材!

攻守の柱としてチームを引っ張ります。

<女子>

▼バイ・クンバ・ディヤサン(岐阜女子)
攻守においてインサイドの要となるセンター。

セネガルからの留学生です。

身長190センチを超える高さを持ち、ゴール下のシュートやリバウンド、ブロックショットだけでなく、パスやスピードも持ち味。

非常に強力な選手で止めるのはなかなか難しいと思われます。

▼山本麻衣(桜花学園)
昨年の3冠メンバー。

ポジションはガードで、司令塔としてチームをコントロール。

ボールキープ力、シュート力ともに非常に優れており、1年からスタメンに起用されてきた逸材。

冷静で判断力に優れており、勝負強さもあります。

▼竹原レイラ(大阪桐蔭)
身長185センチのチームのエースセンター。

日本代表として、U17世界選手権を経験しています。

本格的にバスケットを始めてまだ2年とキャリアが浅いので、伸びしろ十分の注目プレイヤー。

まとめ

高校バスケットボール界の三大タイトルの一つであり、最高峰の大会として位置付けられている「ウインターカップ2018(第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」の出場校や優勝候補などをご紹介させて頂きました。

やはり今年のインターハイで上位進出した高校が優勝候補に絡んできそうですね。

特に男子は、インターハイ優勝の開志国際(新潟県)、準優勝の中部大学第一(愛知県)。
女子は、インターハイ優勝の桜花学園(愛知県)、準優勝の岐阜女子(岐阜県)あたりは優勝候補筆頭となりそうですね。

もちろん上記以外にも、楽しみな高校がいっぱいありますし、注目選手も数多く出場!

果たして男子・女子それぞれ優勝する高校はどこになるのか・・・!

【オススメ】男女全100試合をライブ配信!

ウインターカップ2018は、インターネットで男女全100試合ライブ配信されます!

どこで見れるのかというと・・・

▶バスケットLIVE

こちらで男女全100試合をライブ配信!
さらに、見逃し配信やダイジェスト、特集なども!

「バスケットLIVE」では・・・

・ウインターカップ

・Bリーグ(B1/B2全試合)

・アーリーカップ

・バスケ日本代表の試合

・インカレ(大学バスケ)

などをライブ配信予定!
他にもハイライト・プレー集なども!

今後、日本のバスケットボールを見るならこちらのサービスに登録しておくのがオススメ!
スマホ、パソコン、タブレット端末などで試合が視聴可能です!

「バスケットLIVE」は、ソフトバンク&ワイモバイルユーザーなら無料で、それ以外の方はYahoo!プレミアムへ登録(月額462円)するだけで利用可能です!

スポーツライブ配信サービスとしては格安♪

月額料金
◆ソフトバンク&ワイモバイルユーザー
無料

◆それ以外のユーザー
月額462円(税抜)
※「Yahoo!プレミアム」に登録する必要があります。

登録方法
1.まずは、「こちら」
へアクセス!

2.「Yahoo!プレミアムに会員登録」を押して下さい!

3.Yahoo!プレミアムへ登録(月額462円)が済めば、あとはYahoo! JAPAN IDでログインするだけで見放題!

※ソフトバンク&ワイモバイルユーザーの方は、バスケットLIVE公式サイトからログイン等してご利用下さい。

 - スポーツ ,