気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【強化が急務】男子バレーワールドリーグ2016中国戦の結果!まさに惨敗!

   

男子バレーボール・ワールドリーグ2016予選ラウンド第三「中国・宣城(シュアンチェン)大会」もいよいよ最終戦となりました。

すでに予選ラウンド敗退が決まっている男子日本代表・龍神NIPPONは、これがこのワールドリーグ2016最後の試合でもあります。

相手はホームの中国代表。
日本はリオ五輪世界最終予選から厳しい戦いが続きますが、最後くらい勝って終わりたいところでしたが・・・
結果はまさに惨敗となってしまいました。

もうショックすぎます。
この先どうなってしまうのでしょうか・・・

それでは

「ここまでの戦績」

「第一セットのスタメン」

「スロバキア代表の世界ランキングと強さ」

「試合結果と詳細」

「試合を見逃してしまった方へ録画放送が見れるリンク」

「今後の龍神NIPPONについて」

など色々と書きました。

Ads by Google

男子日本代表のここまでの戦績

それでは、いよいよワールドリーグ2016最後の試合となったこの試合前までの日本代表のここまでの戦績確認しておきましょう。

大阪大会の結果

「日本3-0フィンランド」

「日本2-3キューバ」

「日本3-0韓国」

エジプト・カイロ大会の結果

「日本2-3トルコ」

「日本2-3エジプト」

「日本1-3フィンランド」

中国・宣城(シュアンチェン)大会の結果

「日本0-3トルコ」

「日本1-3スロバキア」

トータル8戦で2勝6敗と大幅に負け越し。
すでに予選ラウンド敗退が決まっている為、これが最後の試合。
しかも消化試合となっています。

大、大、大苦戦中でございまして、現在5連敗中。
大阪大会で韓国に圧勝してから一回も勝ってないんですよね・・・

中国代表の世界ランキングと強さ

男子中国代表の世界ランキング(FIVBランキング)は「19位」とほぼ同格、もしくは格下といえるでしょう。

ちなみに男子日本代表は「14位」です。

ちなみに、男子中国代表は19位といまいちな強さなのですが、女子中国代表は2位とめちゃくちゃ強いです。
男子が弱くて女子が強いってなんか日本と似ていますね。

第一セットのスタメン

試合開始時のスターティングメンバーを確認しましょう。

セッター

深津英臣

ウィングスパイカー

清水邦広
米山裕太
栗山雅史

ミドルブロッカー

小野寺太志
出耒田敬

リベロ

渡辺俊介

ミドルブロッカーを山内晶大選手から小野寺太志選手、ウィングスパイカーを柳田将洋選手&星野秀知選手から米山裕太選手&栗山雅史選手へ変更して試合に臨みました。

試合結果と詳細

それでは「日本VS中国」の試合を振り返りましょう。

第一セット
試合開始から酷い展開に。
日本はサーブミスはするし、さらには相手のブロックにはじき返されまくるという・・・
何度も何度もはじき返され、気付けば11-25と酷いスコアになっていて第一セットを落としてしまいます。
(日本0ー1中国)

第二セット
序盤は競った展開も、徐々に細かいミスが見え始め、点差が開きます。
それでも日本はブロックを決めたり、清水選手のサービスエースで追いすがりますが、ここまで。
22-25で連続でセットを落としました。
(日本0ー2中国)

第三セット
あとがなくなった第三セット、序盤から点差を広げられ苦しい展開に。
それでも日本の粘りの攻撃が昨日して、なんと中盤に1点差にまで追い上げます。
しかし相手の速さと高さに苦しめられ、追いつけません。
そして最後は日本の課題であるサーブミスでマッチポイントを落とし、20-25でストレート負け。
(日本0ー3中国)

【試合結果】
日本0-3中国

まさかのストレート負け・・・惨敗でした!
細かいミスも多いんですが、ブロックに引っかかりすぎですよ。
何度もはじき返されてました。

高さに苦労するのは分かり切っているのですから、もう少し工夫が欲しかったですかね。

まあ、最大の敗因はただの力負け、実力不足と個人的に感じました。
中国の方が世界ランキングが下だなんてとても思えない試合でした。

けど選手たちはよく頑張ったと思います・・・
これが今の実力と受け止めるしかないですね。

試合を見逃してしまった方へ録画放送が見れるリンク

もし「日本対中国の」試合を見逃してしまった方の為に、FIVB公式がYouTubeにて配信している試合の録画映像へのリンクを貼っておきます。

もちろん無料で視聴できますし、公式な動画となっております。
早送りもできるので便利ですよ。
スマホでも見れるはず!

※ただし、公開期間はいつまでか分かりませんので、お早めにご視聴下さい。

日本VS中国

最終結果

日本のワールドリーグ2016はこれで終わりです。

予選ラウンドを三週に分けて3試合ずつ、計9試合を行いました。
しかし、9戦で2勝7敗と酷い結果に終わりました。

大阪大会で韓国に勝ってから6連敗ですよ・・・

第一週「大阪大会」2勝1敗
第二週「エジプト・カイロ大会」0勝3敗
第三週「中国・宣城大会」0勝3敗

という内訳ですね。

当然、予選ラウンド敗退なので、これで一旦見納めです!
オリンピック出場も逃してしまいましたからね。

今後の龍神NIPPONについて

とりあえず世界はこれからリオデジャネイロオリンピックへと向かいます。

龍神NIPPONはオリンピック出場を逃したので、しばらくはお休みかな?
確か例年通りなら、アジアカップ・バレーボール選手権というものがオリンピック後にあるはずなので、また情報が入り次第、アジアカップについて更新したいと思います。
多分、9月に行われるはずです。
とりあえずは、オリンピックが終わるまで龍神NIPPONは休みだと思っていいでしょう。

とにかく今はゆっくり休んで欲しいです。
石川祐希選手も早く怪我を治してくれるといいですね。

リオ五輪世界最終予選、ワールドリーグ2016と続きハードだったと思います。
しかしどちらも成績が振るわなかったですね・・・

オリンピック出場は逃すわ、ワールドリーグ2016は惨敗で予選敗退とね。
課題が沢山見つかりましたね。

今後の注目ポイントとしては、まずは南部正司監督の進退問題です。
とりあえず11月までは続投という話がありますが、この成績では解任や辞任もあると思います。
後任監督は誰になるのかな?最有力候補は以前報道された荻野正二氏ですかね?

そして強化面の問題。
日本バレーボール協会は、もっと男子の強化に力を入れて欲しいですね。
このままでは2020年東京オリンピックでメダルと獲れる気がしません。
今後の強化策に注目しましょう。

まとめ

最後くらい勝って欲しかったですが、とにかくお疲れ様でした。
しばらくゆっくり休んで心身ともにリフレッシュして欲しいですね。

ファンの間でも厳しい声が多くなってきましたが、ここ最近の結果では仕方ないですね。
それだけ皆さん男子バレーが好きで今後を心配しているのだと思います。
本当に興味がなかったら何も言いませんからね。

選手たちも良い経験をされたでしょうし、私たちファンもバレーボールの楽しさと怖さを見せつけられたこの1、2か月だっと思います。

本当に選手もファンの方もお疲れ様でした!

「龍神NIPPONロス」「男子バレーロス」にならないようにご注意を!

 - スポーツ ,