気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【2016夏の高校野球】横浜高校野球部メンバーは?藤平&万波に大注目!

   

2016年7月31日、第98回全国高校野球選手権神奈川大会の決勝戦が行われました。

対戦カードは「横浜ー慶応」!

そして、見事全国でも最高レベルの激戦区である神奈川代表に輝いたのは・・・

「横浜高校」です!

過去に何度も甲子園へ出場していて、優勝経験もある強豪校。
プロ野球選手も数多く輩出しています。

それでは今回は、

「横浜高校とは?」

「横浜高校野球部の詳細」

「横浜高校野球部のメンバーと中学時代の出身チーム」

「神奈川大会の戦績」

「神奈川大会・決勝戦の試合経過と結果」

などを調べてみました。

Ads by Google

横浜高校とはどんな学校?

横浜高等学校とは、神奈川県横浜市金沢区に所在する、中高一貫教育の私立高校。

設置者は、学校法人徳心学園。

設立は、1942年(昭和17年)の男子校。

教育理念は、「三条五訓」
三条(信頼を受くる人となれ・責任を重んぜよ・秩序を守れ) 五訓(誠意・総力・努力・創造・忍耐)。

創立者は黒土四郎さん。

学校長は、葛蔵造さん。

設置コースは、

  • 特進コース
  • 文理コース
  • 特性コース
  • 六ヵ年一貫コース

部活動としては硬式野球部が全国屈指の強豪で有名。
アーチェリー部、バドミントン部、自転車競技部、剣道部、柔道部、アメフト部、水泳部なども全国レベル。

横浜高校野球部の情報

ポリシーは「全員野球」

創部
1945年

監督
平田徹

主将
公家響くん

主なOB(卒業生)
多村仁志(中日ドラゴンズ)
後藤武敏(横浜DeNAベイスターズ)
松坂大輔(福岡ソフトバンクホークス)
荒波翔(横浜DeNAベイスターズ)
成瀬善久(東京ヤクルトスワローズ)
石川雄洋(横浜DeNAベイスターズ)
涌井秀章(千葉ロッテマリーンズ)
下水流昂(広島東洋カープ)
福田永将(中日ドラゴンズ)
高濱卓也(千葉ロッテマリーンズ)
倉本寿彦(横浜DeNAベイスターズ)
筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)
近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)
乙坂智(横浜DeNAベイスターズ)
淺間大基(北海道日本ハムファイターズ)

現役で活躍中の主な選手を挙げただけで、こんなに沢山のプロ野球選手がいます。
すでに引退した選手を含めると、歴代屈指のプロ野球選手輩出校ではないでしょうか。

甲子園出場歴
春:15回
夏:15回

主な成績
1973年4月6日 – 第45回選抜高等学校野球大会で選抜初出場・初優勝を達成。
1980年8月22日 – 第62回全国高等学校野球選手権大会で初優勝を達成。
1998年4月8日 – 第70回選抜高等学校野球大会で2度目の優勝を達成。
1998年8月22日 – 第80回全国高等学校野球選手権大会で2度目の優勝・史上5校目の春夏連覇達成。
2006年4月4日 – 第78回選抜高等学校野球大会で3度目の優勝達成。

このように、多数の甲子園出場経験のある、全国屈指の強豪校。
さらに、春のセンバツ高校野球大会で3度、夏の選手権大会で2度の優勝を誇ります。

特に、怪物・松坂大輔選手を擁した1998年の春夏連覇は記憶に新しく、覚えている方も多いのではないでしょうか。

1968年から名将・渡辺元智監督が指揮を執っていましたが、
2015年夏を最後に退任。
その後、平田徹さんが新しく監督をしています。

横浜高校野球部のメンバーと中学時代の出身チーム

投手

  • 石川達也(3年)中本牧リトルシニア
  • 藤平尚真(3年)千葉市リトルシニア
  • 臼井健雄(3年)戸塚リトルシニア
  • 塩原陸(2年)都筑中央ボーイズ
  • 奥村京平(2年)瀬戸リトルシニア
  • 竹見海斗(1年)横浜南ボーイズ
  • 板川圭矢(1年)野木町立野木中
  • 山口竜生(1年)横浜緑リトルシニア
  • 戸塚涼(1年)寒川リトルシニア
  • 更田篤稔(1年)横浜港ボーイズ
  • 樋口太郎(1年)世田谷西リトルシニア
  • 杉本龍(1年)新宿リトルシニア

捕手

  • 徳田優大(3年)横浜瀬谷ボーイズ
  • 福永奨(2年)戸塚リトルシニア
  • 角田康生(1年)栃木下野リトルシニア

内野手

  • 申晟守(3年)ひまわりベースボールクラブ
  • 木下直希(3年)東練馬リトルシニア
  • 喜多村章平(3年)新宿リトルシニア
  • 戸堀敦矢(3年)戸塚リトルシニア
  • 星龍弥(3年)大野城ガッツ
  • 遠藤駆(3年)横浜港ボーイズ
  • 今川知彦(3年)東練馬リトルシニア
  • 藤井蒼太(3年)横浜金沢リトルシニア
  • 公家響(3年)会津ボーイズ
  • 向川原健人(3年)横浜南ボーイズ
  • 濱野大空(3年)都筑中央ボーイズ
  • 渡邉翔(2年)いわきボーイズ
  • 市村拓巳(2年)横浜南ボーイズ
  • 遠藤圭吾(1年)横浜港ボーイズ
  • 斉藤大輝(1年)戸塚リトルシニア

外野手

  • 村田雄大(3年)外野手 世田谷西リトルシニア
  • 野澤太地(3年)横浜市立汐見台中
  • 松井雄太(3年)中本牧リトルシニア
  • 増田珠(2年)長崎リトルシニア
  • 万波中正(1年)東練馬リトルシニア
  • 長南有航(1年)佐野リトルシニア

注目選手

藤平尚真(3年生)

身長186㎝ 体重79kg

履正社の寺島くん、東邦の藤嶋くんとともに高校BIGスリーと呼ばれる、プロ大注目の投手!
最速151キロの右腕で、カーブ、スライダー、フォークと変化球も多彩。

万波中生(1年生)

身長190㎝ 体重92kg

スーパー1年生。
父親はコンゴ共和国人、母親は日本人とハーフの選手。
その恵まれた体格と高校生離れしたパワーは必見。
まだ、1年生ですが、すでにプロ注目の選手で、スイングスピードが半端ないです。
練馬区立開進第二中学校出身。

村田雄大(3年生)

身長185㎝ 体重85kg

1年生の秋から外野手のレギュラーを獲得した長距離砲。
しかも、広角に打ち分ける技術も持つ、プロ注目の野手。

公家響(3年生)

身長180㎝ 体重78kg

横浜高校のキャプテンを務める選手。
プロ注目の強打の内野手です。

神奈川大会の戦績

それでは、第98回全国高校野球選手権大会・神奈川大会での横浜高校の決勝戦までの戦績を振り返ってみましょう。

2回戦
横浜8ー0向の岡工

3回戦
横浜12ー0松陽

4回戦
横浜10ー0相模原中等

5回戦
横浜2ー0向上

準々決勝
横浜16ー3横浜隼人

準決勝
横浜8ー4桐光学園

スコアを見ての通り圧倒的な強さです。
投打ともに最強レベルで、夏の甲子園優勝候補の一角で間違いなしでしょう。

神奈川大会・決勝戦の試合経過と結果

では、夏の甲子園の地方大会にあたる、大阪大会の決勝戦の試合経過や結果などを振り返ってみましょう。

対戦相手は「慶應義塾高等学校」です。

試合会場は、横浜スタジアム。

横浜高校のスタメン
1・二 戸堀敦矢 3年生
2・三 遠藤駆 3年生
3・中 増田珠 2年生
4・左 村田雄大 3年生
5・右 石川達也 3年生
6・一 公家響 3年生
7・投 藤平尚真 3年生
8・捕 徳田優大 3年生
9・遊 渡邉翔 2年生

慶應義塾高校のスタメン
1・三 下山悠介 1年生
2・二 矢澤慶大 2年生
3・右 大串亮太 3年生
4・左 正木智也 2年生
5・一 綿引達也 3年生
6・中 水久保佳幸 3年生
7・遊 瀬戸西純 3年生
8・捕 西澤俊哉 3年生
9・投 森田晃介 2年生

試合経過
初回、横浜は増田くんの2ランホームランで先制します。
五回にも増田くんが、この日2本目となる2ランホームランなどで、3点を奪い試合を優位に進めます。

その後も、6回に3点、9回に1点を奪い、気付けば9得点。

投げてはエース藤平くんが好投。
7回に3失点しますがその後は、
石川達也くんへの継投で逃げ切りました。

「横浜9-3慶応」

と圧勝して、見事に甲子園出場を決めました。

両校の監督、選手、関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

横浜高校はエース藤平くんも凄いのですが、
大会新記録の14本塁打を記録した超強力打線が凄まじいですね!

試合結果
「横浜9-3慶応」

まとめ

という事で、激戦区神奈川大会を制して、甲子園への切符を獲得したのは、
「横浜高校」でした!

プロ野球選手選手を毎年のように輩出する名門校で、名将渡辺監督の後を引き継いだ平田監督の采配・手腕にも注目です。

間違いなくこの夏の優勝候補でしょうし、エース藤平くんには大注目ですね。
ともに高校ビッグ3と呼ばれる、履正社の寺島くん、東邦の藤嶋くんとの投げ合いは実現するでしょうか!
楽しみですね!

 - スポーツ