気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【ウインターカップ2020】男女出場高校一覧!優勝候補と注目選手は?

      2021/04/01

いよいよ、2020年12月23日(水)~29日(火)にかけて高校バスケ最高峰の大会となる・・・

”ウインターカップ2020
(第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会)”

が開催されます!

インターハイ、国体とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであるこの大会は、高校最後の王座を争う大会であり高校バスケットボール界の最高峰の大会として位置付けられており、男女ともに行われるもの。

今年もこれまで男女各50チームだった出場校が60チームに拡大されるので、より激しい戦いが予想されます。

どの高校が出場するのか?どの高校が強いのか?など気になることも多いはず!

そこで今回はウインターカップ2020の・・・

「大会概要」

「男子出場校一覧」

「女子出場校一覧」

「優勝候補」

「注目選手」

などをまとめてみました!

▼こちらもチェック!

Ads by Google

大会概要

まずは、大会概要から確認してみましょう。

大会名称
SoftBank ウインターカップ2020
令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会

主催
公益財団法人日本バスケットボール協会
公益財団法人全国高等学校体育連盟

後援
スポーツ庁

主管
公益財団法人日本バスケットボール協会
公益財団法人全国高等学校体育連盟バスケットボール専門部
一般社団法人東京都バスケットボール協会
東京都高等学校体育連盟バスケットボール専門部(男女)

特別協賛
ソフトバンク株式会社

協賛
日清食品株式会社
株式会社モルテン
株式会社明治
株式会社ジャパネットホールディングス
(その他、調整中)

特別協力
朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社

開催期間
2020年12月23日(水)~12月29日(火) ※7日間

会場
東京体育館(メイン会場)
武蔵野の森総合スポーツプラザ(サブ会場)

競技方法
男女各60チーム参加によるトーナメント優勝戦とする。
※3位決定戦は、行わない。

注意
1971年から2016年までの46年間にわたり行われた「選抜優勝大会(旧ウインターカップ)」が廃止され、2017年から「選手権大会」に吸収されて「新ウインターカップ」となりました。

男女出場校一覧

それでは、男子・女子の出場校一覧を確認してみましょう!

※男女各60チーム、計120チーム
※各都道府県の代表となる男女各1チーム。
※2020年7月31日時点でTeamJBAでの登録校数の多い上位2都道府県より男女各2チームを選出(計2チーム)。
※開催地は、上記の他に男女各1チームを推薦。
※全国9ブロックにおける各ブロックの都道府県から客観的な事実に基づき、男女各1チームを推薦。関東ブロックは、客観的事実に基づき、当該都道府県から更に男女各1チームを推薦(男女各10チーム)。
※男子「市立船橋(千葉)」「土浦日大(茨城)」「桐光学園(神奈川)」「光泉カトリック(滋賀)」、女子「土浦日大(茨城)」は新型コロナウイルス感染者(もしくは感染の疑いあり)が出たので欠場となりました。(繰り上げ出場は無し)

<男子>

北海道
北海道①:駒澤大附苫小牧
北海道②:北海道栄

東北
青森県:八戸工大第一
岩手県:盛岡南
宮城県①:仙台大明成
宮城県②:東北学院
秋田県: 能代工
山形県: 羽黒
福島県: 福島東稜

関東
茨城県①:土浦日本大
茨城県②:つくば秀英
栃木県: 宇都宮工
群馬県: 前橋育英
埼玉県: 正智深谷
千葉県:市船橋
東京都①:専修大附
東京都②:実践学園
東京都③:日本大豊山
神奈川県①:桐光学園
神奈川県②:法政大二
神奈川県③:厚木北
山梨県:日本航空

北信越
長野県:東海大付諏訪
新潟県:開志国際
富山県:高岡第一
石川県①:北陸学院
石川県②:金沢
福井県:北陸

東海
岐阜県:美濃加茂
静岡県:飛龍
愛知県①:中部大第一
愛知県②:桜丘
三重県:四日市工

近畿
滋賀県:光泉カトリック
京都府①:洛南
京都府②:東山
大阪府:関西大北陽
兵庫県:報徳学園
奈良県:奈良育英
和歌山県:和歌山工

中国
鳥取県:鳥取城北
島根県:松江東
岡山県:岡山商科大附
広島県①:広島皆実
広島県②:英数学館
山口県:豊浦

四国
徳島県:海部
香川県①:尽誠学園
香川県②:高松商
愛媛県:新田
高知県:高知中央

九州
福岡県①:福岡第一
福岡県②:福岡大附大濠
佐賀県:佐賀東
長崎県:佐世保工
熊本県:九州学院
大分県:柳ヶ浦
宮崎県:延岡学園
鹿児島県 :鹿児島工
沖縄県:豊見城

<女子>

北海道
北海道①:札幌山の手
北海道②:北星学園女

東北
青森県:柴田学園
岩手県:盛岡白百合学園
宮城県:聖和学園
秋田県:湯沢翔北
山形県:山形中央
福島県①:郡山商
福島県②:帝京安積

関東
茨城県:土浦日本大
栃木県:白鷗大足利
群馬県:市前橋
埼玉県:正智深谷
千葉県①:昭和学院
千葉県②:千葉英和
東京都①:東京成徳大
東京都②:実践学園
東京都③:佼成学園女
東京都④:八雲学園
神奈川県①:鵠沼
神奈川県②:白鵬女
山梨県:日本航空

北信越
長野県:東海大付諏訪
新潟県①:開志国際
新潟県②:新潟産大附
富山県:高岡第一
石川県:津幡
福井県:足羽

東海
岐阜県:岐阜女
静岡県:浜松開誠館
愛知県①:桜花学園
愛知県②:安城学園
三重県:いなべ総合学園

近畿
滋賀県:草津東
京都府:京都精華学園
大阪府①:大阪薫英女学院
大阪府②:大阪桐蔭
兵庫県:三田松聖
奈良県:奈良文化
和歌山県:和歌山信愛

中国
鳥取県:米子南
島根県:松徳学院
岡山県:倉敷翠松
広島県:広島皆実
山口県①:慶進
山口県②:徳山商工

四国
徳島県:富岡東
香川県:英明
愛媛県①:聖カタリナ学園
愛媛県②:新居浜商
高知県:高知中央

九州
福岡県①:東海大付福岡
福岡県②:精華女
佐賀県:佐賀北
長崎県:長崎西
熊本県:熊本国府
大分県:中津北
宮崎県:小林
鹿児島県:鹿児島女
沖縄県:西原

優勝候補は?

さて、ここで気になる「優勝候補の高校」をいくつかご紹介!

<男子>

▼福岡第一(福岡県)
3連覇を狙う去年の王者。
優勝候補の筆頭です。

オフェンス&ディフェンスともにレベルが高く、留学生たちも非常に強力。
ガード陣も豊富で、多彩な戦術が見れそうです。

この福岡第一をどこが倒すのかが見どころでしょうか。

▼開志国際(新潟県)
創部7年目とまだ浅いですが強いです。
リバウンドやディフェンスを徹底しており、速攻も強み。
ちなみにチームを率いる富樫英樹コーチは、富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)の父です。
どこからでも点が取れるチームで、エースのジョーンズ大翔くんがチームの軸。

▼東山(京都府)
去年のベスト4!
去年2年生ながら主力だった米須玲音くん、ムトンボ・ジャン・ピエールくんがチームの軸。
非常に攻撃力が高いチーム。

▼福岡大学附属大濠(福岡県)
去年の準優勝校。
打倒・福岡第一なるのか注目です!

▼北陸(福井県)
去年のベスト4!
全国大会常連校で、ウインターカップでも2010年に優勝経験あり。
インターハイ優勝4回&準優勝2回、国体準優勝1回、ウィンターカップ優勝1回、準優勝7回と実績十分!
近年は全国大会で苦戦していましたが、強い北陸が復活!

▼洛南(京都府)
非常にシュート力の高いチーム。
3ポイントシュートが武器。
どこからでも点が取れるスタイルです。

<女子>

▼桜花学園(愛知県)
去年のウインターカップ優勝校で、過去何度も優勝している高校女子バスケ界の絶対女王ですね。
なんとウインターカップは過去22度の優勝を誇ります。

去年の主力が残っているのが強み。
ディフェンス力が高く、かなり強いですし、優勝候補の筆頭でしょう!

▼岐阜女子(岐阜県)
女王・桜花学園の対抗馬となりうる存在。

ウインターカップでは、2015年、2018年に優勝、2016年、2019年は準優勝!

ディフェンスも堅く、高さやスピードもあるチームです。

▼大阪薫英女学院(大阪府)
去年のベスト4チーム。
ウインターカップ2018では準優勝しています。

▼京都精華学園(京都府)
去年のベスト4チーム。

▼東京成徳大(東京都)
機動力を生かした走るバスケットが強み。
攻めるディフェンスから攻撃に繋げます。

▼大阪桐蔭(大阪府)
ウインターカップ2017の優勝校。

注目選手は?

注目選手も何人かご紹介!

※追加の可能性あり

<男子>

▼ハーパージャン・ローレンス・ジュニア(福岡第一)
縦への突破力が魅力のポイントガード。
アウトサイドシュートの精度も高いです。
脚力があり、ディフェンス力の高さにも注目です。

▼ジョーンズ大翔(開志国際)
去年から注目されていた逸材。
身体能力が高く、体幹の強さを生かして真上に高く飛んで放たれるアウトサイドシュートが武器。
1対1での突破力もあります。

▼平松克樹(福岡大学附属大濠)
試合コントロールに優れた司令塔。
去年のウインターカップ決勝も経験しています。

▼米須玲音(東山)
去年から注目されていた逸材。
ゲームメイクを担うポイントガード。
広い視野からディフェンスが予測しづらいタイミングでチームメートにパスを供給しアシストできます。

▼小川敦也(洛南)
突破力・シュート力の優れたオールラウンダー。

<女子>

▼江村優有(桜花学園)
連覇を狙う桜花学園のキャプテン。
司令塔として試合をコントロール。
突破力、シュート力、アシスト力に優れています。

▼オコンクウォ・スーザン・アマカ(桜花学園)
連覇を狙う桜花学園のポイントゲッター。
身体能力が高く、攻撃パターンも多彩。

▼佐藤果歩(岐阜女子)
名門・岐阜女子のキャプテン。
3ポイントシュート、献身的なディフェンスが武器。

▼三田七南(昭和学院)
チームを引っ張るキャプテンであり、攻守ともにレベルの高いオールラウンダー。

▼安田茉耶(大阪薫英女学院)
チームを引っ張るエース。
ドライブ、シュート、ゲームコントロールに長けています。

まとめ

高校バスケットボール界の三大タイトルの一つであり、最高峰の大会として位置付けられている「ウインターカップ2020(第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」の出場校や優勝候補などをご紹介させて頂きました。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でインターハイが中止となったため、なかなか読めないですね!

男子は、福岡第一(福岡県)、開志国際(新潟県)、福岡大学附属大濠(福岡県)。
女子は、桜花学園(愛知県)、岐阜女子(岐阜県)あたりは優勝候補筆頭となりそうですね。

もちろん上記以外にも、楽しみな高校がいっぱいありますし、注目選手も数多く出場!

果たして男子・女子それぞれ優勝する高校はどこになるのか・・・!

【オススメ】男女全100試合をライブ配信!

ウインターカップ2020は、インターネットで男女全118試合ライブ配信されます!

どこで見れるのかというと・・・

▶バスケットLIVE

こちらで男女全118試合をライブ配信!
さらに、見逃し配信やダイジェスト、特集なども!

「バスケットLIVE」では・・・

・Bリーグ(B1/B2全試合)

・Wリーグ

・アーリーカップ

・バスケ日本代表の試合

・ウインターカップ

・インカレバスケ

などをライブ配信予定!
他にもハイライト・プレー集なども!

今後、日本のバスケットボールを見るならこちらのサービスに登録しておくのがオススメ!
スマホ、パソコン、タブレット端末などで試合が視聴可能です!

「バスケットLIVE」は、ソフトバンク&ワイモバイルユーザーなら無料で、それ以外の方はYahoo!プレミアムへ登録するだけで利用可能です!

スポーツライブ配信サービスとしては格安♪

月額料金
◆ソフトバンク&ワイモバイルユーザー
無料

◆それ以外のユーザー
月額508円(税込)
※「Yahoo!プレミアム」に登録する必要があります。

登録方法
1.まずは、「こちら」
へアクセス!

2.「Yahoo!プレミアムに会員登録」を押して下さい!

3.Yahoo!プレミアムへ登録が済めば、あとはYahoo! JAPAN IDでログインするだけで見放題!

※ソフトバンク&ワイモバイルユーザーの方は、バスケットLIVE公式サイトからログイン等してご利用下さい。

 - スポーツ ,