気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【ウインターカップ2023】開志国際高校男子バスケ部メンバーと出身中学!

   

本ページはプロモーションが含まれています。

いよいよ、2023年12月23日(土)~29日(金)にかけて高校バスケ最高峰の大会となる・・・

”ウインターカップ2023
(第76回全国高等学校バスケットボール選手権大会)”

が開催されます!

インターハイ、国体とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであるこの大会は、高校最後の王座を争う大会であり高校バスケットボール界の最高峰の大会として位置付けられており、男女ともに行われるもの。

今年もこれまで男女各50チームだった出場校が60チームに拡大されるので、より激しい戦いが予想されます。

この大会に、新潟県第1代表として出場する「開志国際高校男子バスケ部」についてご紹介!

男女ともにアベック出場を決めていますが、今回ご紹介するのは男子バスケ部の方!
近年力をつけている優勝候補!
連覇を狙う前回大会の王者!
インターハイ2023はベスト4、U18日清食品トップリーグ2023は優勝と今年も強い!

そこで今回はウインターカップ2023の・・・

「開志国際高校ってどんな学校?」

「開志国際高校男子バスケ部のデータ」

「開志国際高校男子バスケ部の登録メンバーと出身中学」

「背番号」

「身長」

などをまとめてみました!

Ads by Google

開志国際高校ってどんな学校?

開志国際高等学校(かいしこくさいこうとうがっこう)とは、新潟県胎内市にある私立高等学校。

設置者は学校法人大彦学園。

創立2014年の男女共学校。

部活動は・・・

バスケットボール部
陸上競技部
ゴルフ部
卓球部
スノーボード部
スケートボード部
サッカー部
硬式テニス部
柔道部
ラグビー部
アメリカンフットボール部

などが存在してるようです。

特にバスケ部、陸上競技部、ゴルフ部、卓球部が強いです!

主な卒業生
平野歩夢 – スノーボード選手、アスリートコース
平野海祝 – スノーボード選手、アスリートコース 
冨田せな – スノーボード選手、アスリートコース
冨田るき – スノーボード選手、アスリートコース
シラ・ソハナ・ファトー・ジャ – バスケットボール選手
船生晴香 – バスケットボール選手
山口里奈 – バスケットボール選手
高橋彩華 – プロゴルファー
フレイザー・クワーク – ラグビー選手
畠澤諭 – ラグビー選手

開志国際高校男子バスケ部のデータ

出場回数
6年連続6回目

コーチ
富樫 英樹

アシスタントコーチ
津野 祐樹

マネージャー相馬 
瑚舶

引率責任者
伊勢谷 知史

-------

創部10年と間もないですが、新潟県内屈指のバスケ部強豪校ですね。
ウインターカップは6年連続6回目の出場。

男女ともにレベルが高いですが、男子は特に強い!
連覇を狙う前回大会の王者。
インターハイ2023はベスト4、U18日清食品トップリーグ2023は優勝と今年も強さを見せつけている優勝候補の一角です!

リバウンドやディフェンスを徹底しており、速攻も強み。
全体的にバランス良くレベルが高いですし、留学生の高さもあり。

ちなみに、チームを率いる富樫英樹コーチは、富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)の父親。

チームスローガンは「凡事徹底」!

開志国際高校男子バスケ部の登録メンバーと出身中学

それでは、開志国際高校男子バスケ部の登録メンバーと出身中学、背番号、身長などを確認してみましょう。

※変更の可能性あり。
※左から、背番号、名前、身長、学年、出身中学。

4 澤田 竜馬 167㎝ 3年 倉敷市立東陽中
5 中島 遙希 177㎝ 3年 土浦市立土浦第二中
6 フリッシュ ニコラス聖 198㎝ 3年 長野市立川中島中
7 石井 息吹 185㎝ 3年 小美玉市立美野里中
8 遠藤 地紘 173㎝ 3年 国見町立県北中
9 藤山 拓翔 190㎝ 3年 いわき市立大野中
10 北村 優太 170㎝ 1年 野々市市立布水中
11 清水 脩真 165㎝ 2年 千葉市立椿森中
12 千保 銀河 190㎝ 2年 滑川町立滑川中
13 平良 宗龍 183㎝ 2年 那覇市立金城中
14 ネブフィ ケルビン シェミリー 198㎝ 2年 COMMUNITY SECOUNDARY SCHOOL
15 サニ オルワセグン ファルク 202㎝ 1年 A&T COLLEGE
16 前田 ヘンリー有聖 180㎝ 2年 昭島市立清泉中
17 高野 拓泉 186㎝ 2年 会津若松市立北会津中
18 中塚 遼人 188㎝ 1年 新潟市立黒崎中

まとめ

「ウインターカップ2023(第76回全国高等学校バスケットボール選手権大会)」に、新潟県第2代表として出場する開志国際高校男子バスケ部のメンバーや出身中学などをご紹介させて頂きました。

創部10年と間もないですが、新潟県内屈指のバスケ部強豪校ですね。
ウインターカップは6年連続6回目の出場。

男女ともにレベルが高いですが、男子は特に強い!
連覇を狙う前回大会の王者。
インターハイ2023はベスト4、U18日清食品トップリーグ2023は優勝と今年も強さを見せつけている優勝候補の一角です!

ぜひご注目下さい。

▼こちらもチェック!

 - スポーツ ,