気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【選抜高校野球2024】出場校一覧!21世紀枠は?春の甲子園!補欠校は?

   

本ページはプロモーションが含まれています。

2024年3月18日(月)に阪神甲子園球場で開幕する・・・

”春のセンバツ高校野球2024
(第96回選抜高校野球大会)”

ですが、気になるのはその出場校ですよね。

春のセンバツ高校野球は夏の甲子園と違って、各都道府県の地区予選を勝ち抜いたチームが出場権を得るのではなく、選考委員会の協議によって出場校が決定します。
さらに出場校数が、夏の甲子園に比べて少ないことや、21世紀枠という特別枠が存在するのも特徴ですね。

そんな中、2024年1月26日(金)に、その出場校32校が発表されました!

という事で今回は春のセンバツ高校野球2024の・・・

「出場校一覧」

「21世紀枠は?」

「補欠校一覧」

などをまとめてみました。

▼組み合わせ抽選会の視聴方法はこちら!

▼日程と組み合わせ!

Ads by Google

出場校一覧

それでは、選考委員会の協議の末決定し、2024年1月26日(金)に発表された、春のセンバツ高校野球2024(第96回選抜高校野球大会)の出場校一覧を確認してみましょう。

※更新しました!

<北海道>

北海(北海道)3年ぶり14回目

<東北>

青森山田(青森)8年ぶり3回目
八戸学院光星(青森)5年ぶり11回目
学法石川(福島)33年ぶり4回目

<関東>

作新学院(栃木)2年連続12回目
山梨学院(山梨)3年連続7回目
健大高崎(群馬)2年連続7回目
常総学院(茨城)3年ぶり11回目
中央学院(千葉)6年ぶり2回目

<東京>

関東一(東京)8年ぶり7回目

<東海>

豊川(愛知)10年ぶり2回目
宇治山田商(三重)16年ぶり2回目
愛工大名電(愛知)12年ぶり10回目

<北信越>

星稜(石川)2年ぶり16回目
敦賀気比(福井)4年連続11回目
日本航空石川(石川)4年ぶり3回目

<近畿>

大阪桐蔭(大阪)5年連続15回目
京都外大西(京都)18年ぶり7回目
京都国際(京都)3年ぶり2回目
耐久(和歌山)初出場
報徳学園(兵庫)2年連続23回目
近江(滋賀)2年ぶり7回目

<中国>

広陵(広島)3年連続27回目
創志学園(岡山)7年ぶり4回目

<四国>

高知(高知)3年連続21回目
阿南光(徳島)32年ぶり2回目

<九州>

熊本国府(熊本)初出場
明豊(大分)3年ぶり6回目
神村学園(鹿児島)9年ぶり6回目
東海大福岡(福岡)7年ぶり3回目

<21世紀枠>

別海(北海道)初出場
田辺(和歌山)76年ぶり3回目

21世紀枠について

春のセンバツ高校野球でよく見るのが「21世紀枠」という言葉ですよね。

これは何かというと、2001年が21世紀最初の年であることに因み、同年開催の第3回大会から設けられ、春のセンバツ高校野球出場校を決定する際の”特別枠”のことです。

部員不足や専用グラウンドがなかったりで練習場所の確保が難しかったり、豪雪地帯といった学校・地域の特性などの困難を克服し秋季大会などで結果を残した学校や、ボランティア活動といった野球以外の活動での地域貢献で他校の模範となる学校を選出するものです。

それでは、今大会で21世紀枠に選出された2校を詳しく見てみましょう。

<別海(北海道)>

今回が初出場!
(春夏通じて)

部員わずか16人。
最低気温0度未満の冬日が年平均で半年以上あるほど、年間通して気温の低い日が多く降雪量が多く、日照時間も短い中、農業用のビニールハウスを活用するなど工夫して練習。
そのような環境の中、近年力をつけているチーム。
昨秋の北海道大会ではベスト4入り。

別海町は牛の数が人口のおよそ8倍。日本で最も牛が多い町と言われており、別海高校野球部員の実家の多くは酪農家だそうです。
全国では珍しい酪農経営科という学科を持つ公立高校。

<田辺(和歌山)>

今回が76年ぶり3回目の出場!

昨秋の和歌山大会で準優勝。
しかも準々決勝では市立和歌山を撃破し、準決勝では智辯和歌山を撃破。
公立高校ながら和歌山を代表する名門2校に勝利しています。

部員はわずか18人。
進学校であり、野球部員も学業と部活動の両立に努めており、放課後の練習時間が限られる中、グループに分かれて各自が必要なメニューを効率よくこなしています。
また、浜辺やお寺で清掃活動を行ったり、地域の野球人口の減少に歯止めをかけようと、毎年地元の小学生と交流会を開いているようです。

さらに、教育相談を担った経験のある監督がスクールカウンセラーと連携し、イップスを克服するサポートをしたり、対人関係の相談に乗ったりするなど対話を重視。
精神的にも1人1人を細やかにフォローする点が、これからの時代のあり方として評価されたようです。

補欠校一覧

選抜高等学校野球大会では、「補欠校制度」というものがあり、補欠校は地域ごとに2校前後制定されます。

補欠校は、出場が決まっていた高校が何らかの理由により本大会参加辞退を余儀なくされた場合、代わりに出場することになります。

なので、これらの補欠校は何も無ければ出場機会はないです。

<北海道>

東海大札幌(北海道)

<東北>

一関学院 (岩手)
鶴岡東 (山形)

<関東>

桐光学園(神奈川)
花咲徳栄 (埼玉)

<東京>

創価

<北信越>

北陸 (福井)
帝京長岡 (新潟)

<東海>

藤枝明誠(静岡)
県岐阜商(岐阜)

<近畿>

履正社(大阪)
須磨翔風(兵庫)

<中国>

宇部鴻城(山口)
高川学園(山口)

<四国>

鳴門(徳島)
明徳義塾(高知)

<九州>

大分舞鶴(大分)
延岡学園(宮崎)

<21世紀枠>

鶴丸(鹿児島)
仙台一(宮城)

まとめ

春のセンバツ高校野球2024(第96回選抜高校野球大会)の出場校一覧をご紹介させて頂きました。

高校野球ファンからすればたまらない強豪校がたくさん出場しますので、開幕が楽しみで仕方ないですね。
特に関西&関東勢は名門揃い・・・

また初出場が3校も!

さらに21世紀枠で選ばれた高校の躍進にも期待です。
最近は進学校の躍進も目立ちますので、個人的には進学校に期待したいところ。

果たして優勝するのはどの高校でしょうか・・・!

 - スポーツ