気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【カタールW杯2022】サッカーポーランド代表メンバー!強い?

   

いよいよ2022年11月20日(日)~12月18日(日)にかけて、男子サッカーの世界最大の祭典である「2022FIFAカタールワールドカップ」が開催されます!

今回はその出場国の一つである・・・

「ポーランド代表」

についてまとめました!

2大会連続9回目の出場となる国で、FIFAランキングは26位。
欧州の強豪国であり、世界最高峰のストライカーとなるロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ/スペイン)を擁しています。
攻撃はかなり強いはず・・・

グループリーグでは、グループCに所属しており、アルゼンチン、サウジアラビア、メキシコと同組。
注目されている方も多いはず!

果たしてどのようなチームとなっているのか?どんな選手がいるのか?など気になると思います。

そこで今回はカタールワールドカップ2022の・・・

「ポーランド代表メンバー一覧」

「所属クラブ」

「背番号」

「過去のワールドカップでの成績」

「注目選手」

などをまとめてみました!

Ads by Google

ポーランド代表の日程

まずは、カタールワールドカップ2022でのポーランド代表の試合スケジュールを確認してみましょう!

※グループリーグ。

このように、グループCに所属しており、アルゼンチン、サウジアラビア、メキシコと同組!

ポーランド代表の過去のワールドカップ成績

ワールドカップでの過去の成績を確認してみましょう!

1930年:(不参加)
1934年:(不参加)
1938年:1回戦敗退
1950年:(不参加)
1954年:(予選敗退)
1958年:(予選敗退)
1962年:(予選敗退)
1966年:(予選敗退)
1970年:(予選敗退)
1974年:3位
1978年:ベスト8
1982年:3位
1986年:ベスト16
1990年:(予選敗退)
1994年:(予選敗退)
1998年:(予選敗退)
2002年:グループリーグ敗退
2006年:グループリーグ敗退
2010年:(予選敗退)
2014年:(予選敗退)
2018年:グループリーグ敗退

近年は結果を残せていないので、今回は気合が入っているでしょう。

ポーランド代表メンバー一覧

それでは、ポーランド代表メンバー一覧を所属クラブとともに確認してみましょう!

※追加・変更の可能性あり。

<GK>

バルトウォミェイ・ドロンゴフスキ(フィオレンティーナ/イタリア)
ウカシュ・スコルプスキ(ボローニャ/イタリア)
ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユヴェントス/イタリア)

<DF>

ヤン・ベドナレク(アストン・ヴィラ/イングランド)
バルトシュ・ベレシンスキ(サンプドリア/イタリア)
マティ・キャッシュ(アストン・ヴィラ/イングランド)
カミル・グリク(ベネヴェント/イタリア)
ロベルト・グムニー(アウクスブルク/ドイツ)
アルトゥル・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ)
ヤクブ・キヴィオル(スペツィア/イタリア)
マテウシュ・ヴィテスカ(クレルモン/フランス)
ニコラ・ザレフスキ(ローマ/イタリア)

<MF>

クリスティアン・ビエリク(バーミンガム/イングランド)
プジェミスワフ・フランコフスキ(RCランス/フランス)
カミル・グロシツキ(ポゴニ・シュチェチン)
ヤクブ・カミンスキ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
グジェゴシュ・クリホヴィアク(アル・シャバブ/サウジアラビア)
ミハウ・スクラシ(レフ・ポズナン)
ダミアン・シマンスキ(AEKアテネ/ギリシャ)
セバスティアン・シマンスキ(フェイエノールト/オランダ)
ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア)
シモン・ジュルコフスキ(フィオレンティーナ/イタリア)

<FW>

ロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ/スペイン)
アルカディウシュ・ミリク(ユヴェントス/イタリア)
クリシュトフ・ピョンテク(サレルニターナ/イタリア)
カロル・シフィデルスキ(シャーロット/アメリカ)

<監督>

チェスワフ・ミヒニエヴィチ

-------

このようなメンバーとなりました!

国内組より欧州リーグでプレーする選手が圧倒的に多いです。

各ポジションに好選手を抱えており、中でもやはり世界最高峰のストライカーとなるロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ/スペイン)には大きな注目が集まります。

彼を中心とした攻撃力が魅力。
他の選手がどうやって彼にボールを収めるかがカギとなりそうですね。

注目選手

注目選手を確認してみましょう!

<ロベルト・レヴァンドフスキ>

バイエルン・ミュンヘンに所属。
一言で言うと「ヤバい選手」です。
圧倒的な決定力を誇る世界最高峰のストライカー。
左右両足のシュート、ヘディングとどれも非常に高い精度を誇り、シュートレンジが広いです。
ポジショニング、裏抜け、ポストプレーなどもワールドクラス。
これらを駆使してゴールを量産する選手です。

<ヴォイチェフ・シュチェスニー>

ユヴェントスに所属。
長身のゴールキーパー。シュートへの反応、ハイボールの競り合いなど非常にレベルが高いです。

<ピオトル・ジエリンスキ>

ナポリに所属。
中盤の要の選手で、縦への推進力、パスの精度に優れています。
また、自らゴールを決める力も!

<アルカディウシュ・ミリク>

ユヴェントスに所属。
大型の万能アタッカー。
非常にシュートパターンが多彩で、中央でのポストプレーも脅威。

まとめ

カタールワールドカップ2022に出場する、ポーランド代表メンバー一覧をご紹介させて頂きました!

2大会連続9回目の出場となる国で、FIFAランキングは26位。
欧州の強豪国であり、世界最高峰のストライカーとなるロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ/スペイン)を擁しています。
とにかくこの選手がヤバい。

グループリーグでは、グループCに所属しており、アルゼンチン、サウジアラビア、メキシコと同組。

ぜひご注目下さい!

▼日程と視聴方法はこちら!

 - スポーツ ,