気になる暇つぶ情報局

一般生活から芸能、スポーツ、ニュース情報など気になった時に役立ち、暇つぶしとしても使えるサイト!

【夏の甲子園2021】横浜高校野球部メンバーと出身中学!金井に注目!

   

いよいよ2021年8月9日(月)に、「夏の甲子園2021(第103回全国高等学校野球選手権大会)」が開幕!

今年は、各地の地方大会で波乱がたくさん起こりましたね。
そんな中を勝ち抜いてきたチームは聖地でどんな戦いを見せてくれるのか。

今回はその出場校の一つである、「横浜高校野球部(神奈川)」についてご紹介!

夏の甲子園は2大会ぶり19回目の出場となる高校。
プロ野球選手を数多く輩出している全国屈指の名門として有名ですよね。
過去に春夏連覇の経験もあり。

一体どんな高校なのか?どんな選手がいるのか?強いのか?など気になることが多いと思います。

そこで今回は春のセンバツ高校野球2021に出場する横浜高校野球部の・・・

「データ」

「メンバーと出身中学」

「背番号」

「注目選手」

などを詳しく調べて分かりやすくまとめてみました。

Ads by Google

横浜高校ってどんな学校?

横浜高等学校(よこはまこうとうがっこう)とは、神奈川県横浜市金沢区にある私立高等学校。

これまで男子校でしたが、2020年に共学化。

硬式野球部以外にも、アーチェリー部、バドミントン部、自転車競技部、剣道部、柔道部、アメリカンフットボール部、水泳部などが有名。

主な卒業生(有名人)
愛甲猛(元千葉ロッテマリーンズ→中日ドラゴンズ)
中田良弘(元阪神タイガース)
高橋建(元広島東洋カープ→ニューヨーク・メッツ→広島東洋カープ)
鈴木尚典(元横浜ベイスターズ)
高橋光信(元中日ドラゴンズ→阪神タイガース)
多村仁志(元横浜ベイスターズ→福岡ソフトバンクホークス→横浜DeNAベイスターズ→中日ドラゴンズ)
小池正晃(元横浜ベイスターズ→中日ドラゴンズ→横浜DeNAベイスターズ)
小山良男(元中日ドラゴンズ)
後藤武敏(埼玉西武ライオンズ→横浜DeNAベイスターズ)
松坂大輔(西武ライオンズ→ボストン・レッドソックス→ニューヨーク・メッツ→福岡ソフトバンクホークス→中日ドラゴンズ→埼玉西武ライオンズ)
荒波翔(横浜DeNAベイスターズ)
成瀬善久(千葉ロッテマリーンズ→東京ヤクルトスワローズ)
石川雄洋(横浜DeNAベイスターズ)
涌井秀章(埼玉西武ライオンズ→千葉ロッテマリーンズ→東北楽天ゴールデンイーグルス)
下水流昂(広島東洋カープ→東北楽天ゴールデンイーグルス)
福田永将(中日ドラゴンズ)
倉本寿彦(横浜DeNAベイスターズ)
筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ→タンパベイ・レイズ)
近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)
乙坂智(横浜DeNAベイスターズ)
柳裕也(中日ドラゴンズ)
淺間大基(北海道日本ハムファイターズ)
髙濱祐仁(北海道日本ハムファイターズ)
渡邊佳明(東北楽天ゴールデンイーグルス)
伊藤将司(阪神タイガース)
藤平尚真(東北楽天ゴールデンイーグルス)
増田珠(福岡ソフトバンクホークス)
万波中正(北海道日本ハムファイターズ)
及川雅貴(阪神タイガース)
松永大介(陸上競技・リオ五輪20km競歩代表)
鈴木みのる(プロレスラー)
大橋秀行(元プロボクシングWBC・WBA世界ミニマム級チャンピオン)
山本博(アーチェリー)
北川悠仁(ミュージシャン・ゆず)
サイプレス上野(ラッパー)
上地雄輔(俳優)

など。
やはりプロ野球選手が多いですね。

横浜高校野球部のデータ

創部
1945年

監督
村田浩明

部員数
??人

主将
安達大和選手(3年生)

甲子園出場歴
春:16回
夏:19回(今回を含む)

-------

夏の甲子園は2大会ぶり19回目の出場となる高校。
春のセンバツでは優勝3回、夏の選手権大会では優勝2回を誇ります。

特に1998年にはあの松坂大輔投手などを擁し、春夏連覇を達成したことで有名ですよね。

本当に多くのプロ野球選手を輩出している名門。
練習施設も非常に充実しています。

今回のチームも優勝候補の一角。

とにかく打線が超強力!
好打者が揃います。
切れ目がなくどこからでも点がとれ、長打力も抜群です。

投手陣が鍵を握りそうです。

投打ともに選手層が厚く、かなり強いのではと思います!

村田浩明監督は横浜高校時代に、涌井秀章選手(楽天)とバッテリーを組んだ捕手でした。

横浜高校野球部のメンバーと出身中学

それでは、夏の甲子園2021(第103回全国高等学校野球選手権大会)に出場する横浜高校野球部メンバーと、出身中学、背番号などを確認してみましょう。

※左から背番号、名前、学年、身長体重、投打、出身中学校となります。
※メンバーは変更される可能性もあります。

※判明次第、更新します!

このようにベンチ入りメンバーは、県外出身者も多め。

野球留学生が多いチーム構成でしょうか。
まあ、全国でも有名な名門校ですからね。

注目選手

最後に横浜高校野球部の注目選手を確認してみましょう。

<金井 慎之介(3年生)>

最速148キロ左腕。
打者としても非常に優秀なプロ注目の選手。

<立花 祥希(3年生)>

4番を務める強打の捕手。

まとめ

夏の甲子園2021(第103回全国高等学校野球選手権大会)に出場する、「横浜高校野球部(神奈川)」に関するデータや、メンバーに関する情報をご紹介させて頂きました。

夏の甲子園は2大会ぶり19回目の出場となる高校。
プロ野球選手を数多く輩出している全国屈指の名門として有名ですよね。
過去に春夏連覇の経験もあり。

今年もかなり選手層が厚いです。
強力打線に加え、層の厚い投手力も備えており、総合力の高いチーム!

ぜひご注目下さい!

▼こちらもチェック!

 - スポーツ